« メーデーの歴史: 労働者のたたかいの足跡 | トップページ | ambie wireless earcuffs »

ハウス

ハウス
 2021年のドイツ作品です。
2024年でも、AIに任せるのは不安しかありません。
AIは、まだまだインプットかスイッチとして使う程度でちょうど良いのかもしれません。

|

« メーデーの歴史: 労働者のたたかいの足跡 | トップページ | ambie wireless earcuffs »